バイター

以前も、こちらの著書の作品は読ませて頂きましたが、
やはり自分にはあわない。
ジャンルが好きななのでつい手にとってしまうのですが、登場人物誰一人にも感情移入出来ず、ただ惰性で読破
題材はとても好きなジャンルだけに本当に残念

予言の書購入

ご無沙汰の読書です。
なんだか読む気がせず、離れていました。
ビジネス書も勿論全く読めず。

これはいかんと思い、何か小説ないかあぁ、と探していたたら、発見。
著者も知らないのですが、自分が好きそうなジャンルなので購入。

読み始めたらなかなか面白い。
これを機会に読書再開しましょう。

野良犬の値段

今年はいろいろあり、本を読む気力も沸かず年末を迎える。
そんなとき、偶然本屋さんで百田尚樹さんの新刊を発見。
もう本を書かないとか言ってたような記憶があるが、まぁ、気にせず購入。


ミステリー系は書いたことがなかった気がしたので興味あり読んでみました。
内容は想定外もあり楽しく読めました。
なんだかんだ百田尚樹さんの本は好きで結構買ってます。


自分的には日本国記がよかったですね〜。


全くと言う訳ではありませんが、今年は本当に本を読んでなかった。
来年は読書の1年にしましょう。

高校事変 IX

まさかシリーズ化するとは思いませんでしたが、発売日に購入しています。
最初の方が個人的には面白かったのですが、発売日が近づくと楽しみにしている自分がいる。


ストーリーは繋がっており、途中参入はお勧めしません。
読むなら、1巻からしっかり読まないと駄目ですね。



田代勇次をここまで引っ張るのは凄いと思うのですが、それ以上に凄いのは、新刊出るのは早すぎる。
だからこそつい購入してしまうんでしょうね。
なんだかんだ言って面白い(*^^*)

空母いぶき(13)

やっと完結です



十二巻から著書の病気でかなり間隔があいていた、空母いぶき
完結です。
六巻ぐらいまでは楽しく読んでいたのですが、後半は失速した感じです。
体調不良のあるのでしょうが、内容的には強引にまとめている感じです。

しかし続編もあるので、そちらを期待します。
でも全体的には満足です。
しかし、かわぐちかいじ氏は本当に凄い作品を送り続けていますね〜。
年齢的にはそろそろ厳しいとは思うのですが、後世に残る方とは思います。
久しぶりに沈黙の艦隊読みたくなるな。

高校事変 VII



気が付けば七巻目

物凄い速さで執筆しているなこの作者
普通のペースで考えたら、二、三冊だと思うのだが、本当に早い。
それでいて中身はしっかりしている。
凄い人だと思います。

なので発売日にいつも購入し一気読み。
面白いんですよね〜。
読み終わると次が楽しみになり、それがマッハで出る。
ストーリーもしっかり繋がっており、描写そのままは映像化は無理でしょうが、映画とかになりそうな勢いです。
と言うか、映画化して欲しいなぁ。

高校事変を読んで

偶然、アマゾンで発見して購入。
内容は未成年はNGと思いますが、作品としては面白い。
シリーズ化されているみたいで、二作目も近日発売される様子。

最近、文庫本から離れていたのですが、この勢いだと文庫本が再熱しそうな予感。
本の内容としては読み手を選ぶと思いますが、抵抗がなければお勧めです。

 

電子書籍で購入したのですが、読みたい時にすぐ読めるメリットがありつつ、ビジネス書関連だとどうしても頭に入らないので、小説関係だけの購入にしています。

 

高校事変 (角川文庫)
高校事変 (角川文庫)

posted with amazlet at 19.08.14
松岡 圭祐
KADOKAWA (2019-05-24)
売り上げランキング: 1,699

炎の塔 購入

炎の塔 (祥伝社文庫)
炎の塔 (祥伝社文庫)

posted with amazlet at 19.07.13
五十嵐貴久
祥伝社 (2018-04-12)
売り上げランキング: 86,132

 

小説、久し振りに買った気がします。
出張で唯一空いた夜間に、読破
いつもで購入出来て、すぐ読めるってやはり便利ですね〜。

肝心の内容は、普通かなぁ、と。
登場人物は揃っているが、中途半端な終わり方・・・。
きちんと締めて欲しかった。
 
限定した空間での状況は良いが、描写が伝わらず何が起こっているのが想像出来ない。
普通に面白いですが、もっと面白い作品になったのではと思ってしまいます。

次の一冊に期待しましょう。

今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~を読書中

日本国紀に続いて、百田尚樹氏連続読書。

 

 

まだ冒頭の20〜30頁ですが、自分の感性の問題かあまり良い気持ちになれない。
冒頭なので判断出来ないが、過去日本がやった行為は余計なお世話で、それを迷惑と思うのは当然、全て元に戻すべきと言っています。

それを全否定はしませんが、文章の中に正しい事をしたが、それが相手にとっては悪い事なので劣悪な環境に戻すべきと、上から目線で出来ない事を語っている様に感じる。

現状で、誰もあの劣悪な、教育もない状態が良いとは思わないと思う。
どう言う流れになるか解りませんが、冒頭はかなり辛辣に感じます。

自分は朝鮮と日本の歴史を理解していないので勉強とし読みます。
日本でそれを知らず、今の韓国や北朝鮮を語るのも失礼だし・・。

とにかく読み終わったらまた書きましょう。

日本国紀を読破

読み応えのある本でしたね〜。

 

日本国紀
日本国紀

posted with amazlet at 19.02.17
百田 尚樹
幻冬舎 (2018-11-12)
売り上げランキング: 27

評価はそれぞれと思いますが、自分は歴史を学ぶ良い機会になりました。
広く浅く、日本の生い立ちから現代まで時系列に書いてあり、それぞれのパートで知らない事を気づかせてもらい、日本の歴史の流れを理解出来ました。

 

作者の意見がコラム形式で書いてあり、自分の考えと異なる事が多くそれもまた良しです。
そういった認識があると言う事を知れただけ学びがあります。

 

自分は、この本のお陰で歴史を学ぶ良い気づきを頂けました。
こう言った通史は他にもあるのでしょうが、出会う機会がなかったので学びが多い。
後半の現代史での著者の意見には思う事がありましたが、その中でも気づきがあります。

最近は読書から遠ざかっていましたが、また再燃しましょう。